マイナンバー管理をアウトソーシングに依頼する

2016年からマイナンバー制度が導入されました。

企業にとってもメリットのある制度であると言われていますが、最初の段階ではシステムの導入など、さまざまなコストがかかります。マイナンバーは個人情報でもあるので、しっかりとセキュリティに気を配らなければなりません。

Yahoo!ニュースを知りたいならご活用ください。

アウトソーシングにマイナンバーの管理などを依頼することもできます。

アウトソーシングに依頼をすることで、新しいシステムを導入したりするコストが節約できます。

また、こういった専門の業者に依頼をしたほうがセキュリティ面でも安心ができます。

アウトソーシング会社は複数ありますが、料金設定やサービス内容などはさまざまです。


給与計算や年末調整といったサービスを提供している会社が、サービスの1つとしてマイナンバーの管理も行ってくれるというケースが多いようです。

総合的にメリットがあるかどうかで決めましょう。


契約をするときは、解約料金がかかるかどうかも確認しておきましょう。

マイナンバーのアウトソーシングは無限の可能性に満ちあふれています。

後になってから社内でシステムを構築することになった場合、アウトソーシングとの契約を解除することになりますが、5年契約となっていて途中で解約する場合には高額な違約金がかかるといった場合にはリスクが高くなります。まとめると、アウトソーシングにマイナンバー管理をまかせることはメリットが大きいですが、費用がかかるということが唯一のデメリットです。
メリットとデメリットを比較して、メリットが大きい場合に依頼をしましょう。