マイナンバーの管理サービス

現代日本では様々な制度が新しく始まっています。

マイナンバー制度もそんな中の1つですが、これについては非常に賛否両論が多くありました。


個人情報をこれまで以上に把握されるだけでなく、預金口座にどのくらいお金が入っているのかというようなプライベートの深い部分まで管理されるという半面、脱税などの違法性のある行為に対しての抑止力ともなります。

一般会社員ではこのマイナンバーを会社に提出して管理してもらうことになりますが、会社としてはこれまで以上に顧客だけでなく社員の個人情報に対しても気を配らなければならなくなります。

マイナンバーのサービス情報はこちらに集まります。

そうなると、大きな会社ほどマイナンバー管理は大変な作業になり大きなリスクを背負うことにもなります。

場合によっては管理に関する投資を行う必要も出てくるでしょう。

ビジネスジャーナルに関する情報が満載です。

そうした事態に対して管理サービスを行っている業者もいます。
管理の方法は様々ですが、例えばクラウド上で管理してサービスを提供する会社内には置かないという方法です。



これにより、あらゆる物理的な脅威から情報を守ることが可能です。こうしたサービスを利用する企業は増えてきているようですが、特に社員数の少ない中小企業では自社管理を行っている所が多いようです。

マイナンバー管理のサービスを利用するにはコストがかかりますので全ての企業が利用できるわけではありませんが、自社管理には個人情報保護法というリスクが常に側にあるということは十分に理解しておかなければなりません。